読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横断歩道の白と黒の間

セクシュアルマイノリティの人が書くブログ

沖縄で胸オペ

こんにちは、陽さんです。

 

えーtwitterでフォローしていただいている方は

 

そろそろ、このネタに辟易していることと思いますが(笑)

 

そう、”また”胸オペの話(笑)

 

ちょっとお付き合いください(笑)

 

ジェンダークリニックにはじめて行った日から早一年。

 

巷では、一年かかるというので、

 

逆算して、早めに行ったのに。

 

なんと、全5回、三ヶ月で診断がくだり。

 

胸オペする病院決めたら、診断書を発行するという捨て台詞を頂き。

 

えー予定とちゃうやーん、と戸惑い治療に移行せず。

 

この一年、様々な情報を集めてまいりました。

 

とやっているうちに、塵も積もればなんとやらで

 

小さな苦痛が積み上げられている状況です。

 

どうしても今年取得したい国家資格があり

 

そちらを優先したため、手術をする余暇もなく。

 

その資格の為の予備校代で手術費用以上の金額が吹っ飛び(笑)

 

まぁ、長い目で見たら、しょうがないよね、と頭で分かっていても

 

なかなか、ねぇ(笑)

 

こういう類の優先順位は正解が難しいですよね。

 

オペの後の生活を考えて、仕事(資格)や学業を優先するのか

 

仕事や学業のQOLを上げるためにオペを優先するのか。

 

どちらが正解かは、人それぞれなんでしょうけど。

 

あんまり目先のことばかりにとらわれるのも、どうかと思うしねぇ。

 

という葛藤の末、陽さんは、資格を優先したわけです。

 

正直、オペ先だったかもなぁ、と思います(笑)

 

他にも色々な要因が絡んでくるので

 

資格かオペかの二択、という選択ではないので尚更なんですが。

 

まぁ、資格を優先したからには、受からなければ。

 

すぐに話がそれる(笑)

 

ということで、本題。

 

陽さん、散々迷った挙句、オペは沖縄県内で検討してみることにしました。

 

理由その1

・交通費問題

 

タイにいく場合、沖縄(那覇空港)からタイ行きもありますが

直行便ではないし、

一度東京に行って、タイ行きの国際便に乗り換えの方が安くなります。

しかし、どちらにしても高い。

しかも、A○Aをこよなく愛しているためLCCに乗ったことがなく

不安がおっぱい。いっぱい。

甘えてる?いや、死にたくないですから。

それに、一度東京に行くくらいなら、いっそ東京でやれば?となる。

 

理由その2

・宿泊費問題

 

東京でやるなら、宿泊費が必要。入院できないし。

東京のホテル、そこそこのホテルで考えても

1万円程度はかかり抜糸まで滞在するとなると

1泊1万円×7日で7万円。かなり嵩む。

抜糸なしにしても、何かあった場合にホテルの再手配や

航空券の再手配など、労力がかかる。

それなら大学病院でもいいんじゃないの?となる。

でもジェンクリの先生に大学病院は無理!!といわれた。

(理由は知らない)

 

理由その3

・不健康問題

生まれながらに虚弱体質。

輸血問題や持病、拒絶反応等、体の不安が多すぎる。

死んでいてもおかしくない状態で生まれ

よくもまぁこの歳まで大病もせず生き残りましたね、奇跡だ、と

産婦人科の執刀医に言われただけあって、たかだか胸オペ。

されど胸オペ。

不安がぱいぱい。いや、おっぱいじゃないや、いっぱい。

せっかく生かされた命を粗末にするわけに行かないという良く分からない使命感。

 

理由その4

・介添え人問題

手術自体は一人でも可能でしょうし、東京に行き一人で帰ってくるのは

はじめてのおつかいじゃないんだからできますが

理由3より、術後何もかも自分でできるかどうかやってみなければわからない状態。

備えあれば憂いなし。

すると嫁しゃんを連行したいところですが、宿泊費交通費食費が2人分になる。

さすがに連行するのに、自分の分はよろしくね、などというわけにもいかないですし。

 

ということで、

 

県内でオペする方が不安も減るし、

 

心身ともにいい状態でオペが受けられるんじゃないかなと思ったのです。

 

甘え?言い訳?覚悟が足りない?

 

気合と根性と覚悟で何とかなるようなものじゃないですよ?

 

リスクヘッジです。

 

危機管理です。

 

まぁ、気合と根性と覚悟でなんとかなる人はそうすればいいです。

 

僕には関係ないので勝手にどうぞ。

 

僕は、なんともならないと思ったので、ベターな選択をしますけども。

 

で、沖縄で胸オペができる病院はこちら。

 

 

www.kokoro-manzoku.com

 

 

沖縄の美容は当山美容形成外科

 

 

www.hosp.pref.okinawa.jp

 

この三つで比較検討していきたいと思います。

 

他にも大手美容形成医院でも出来そうですが

 

僕はこの三つにしぼりました。

 

まず、金額。

 

KC   500,000円から700,000円(全て込み/初診料3,000円)+税

当山 500,000円(初診料2,200円/入院費別)+税

中部    600,000円(全て込み/診察料別)+税

 

KCは院長が麻酔科医の為、おそらく院長が麻酔をするかと思います。

当山は麻酔科医が全身麻酔をすると明記がありました。

中部病院は、県立病院で、詳細はありません。

 

KCの院長のブログには術後などが掲載されていましたが、結構綺麗でした。

ほぼKCでやろうと考えています。

というのも、KCの院長が元中部病院の形成外科部長ということもあり

中部病院でもたまに執刀するらしいので、おそらく、中部病院の担当医は

医院長ではないか?という予測。

中部病院にしないのは、中部病院よりも、KCの方が自宅から近いから(笑)

任意の医療保険に入っていないので、

入院することのメリットがあまりないんですよね。

という感じで、今の所、KCが有力かな、と考えています。

術式などについて今後問い合わせていく予定です。

 胸オペに関して、確認したほうがいいこと

むしろ、こんなことを調べてきて欲しいなどあれば

代わりに聞いてきますので、コメントいただけるとうれしいです!

沖縄県内はFtMがすごく多いと聞いたことがありますが

なかなか県内で受けた人が見つからないんですよね。

みんなやはりタイにいかれるんでしょうか。

ということで、少しでも情報を発信していきたいと思います。

 

以上、まずは胸オペを県内でしようかなーと思っているということだけを書きたかった記事でしたー(笑)

 

次回は、実際に話を聞きに行ってみたいと思います!

 

いつも読んでくれてありがとうございます!!

 

追記:3/4にKCと当山に問い合わせメールを送り、3/5に当山から返信がありました。問い合わせフォームで問い合わせたため、問い合わせ内容がおぼろげですが(笑)麻酔代など、手術代としてホームページに明記されている料金以外にかかる費用を問い合わせました。

当山の返信によると、胸の大きさで術式が異なるため、診察してから詳細を説明させて欲しいので、予約してということがすごく丁寧に書かれておりました。

第一印象はとても良いです。

初診料も教えて頂いたので、追記しました。

KCからも3/5に返信があり、「血液検査・麻酔・術後ケアほかすべて含んでおり、追加請求はありません。」との事です。手術代と、初診料のみだそうです。

期待が持てます。早めに受診して、詳細を聞きたいです。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする